聞きたいことならここ→着物買取

湿気は着物の天敵

着物の保管で何よりも気にしなければならない点は、湿気です。湿気が多いとカビの原因となってしまいますし、余計なシワがついてしまうこともあるからです。かといって湿気がない状態も着物には良くないので、適度な状態を維持し続けなければなりません。 かつて着物を保管する際には、桐箪笥が用いられていました。それは桐という木材の特徴を活かして着物を保管する上で最適な環境をつくり出すことができるからです。国産の桐は周辺の空気中に含まれる湿気の量に応じて呼吸をすることによって、中の湿度を一定に保つことができるからです。他にも防虫効果が高いなどの利点があり、嫁入り道具の定番として利用されてきました。 ただ、桐箪笥は高価であり、入手するのが難しくなっています。そこでプラスチック製の衣装ケースなどに保管することもあるのですが、衣装ケースでは中の空気が密封されてしまうために適度な程度の湿度を常に保ち続けることが難しいので、定期的に取り出して陰干しをする必要が生じますので、注意が必要です。