着物の種類と特徴

着物の種類は「織り」と「染め」の2種類に分けられます。織りは糸を染め上げてから織り上げるものをいいます。染めは反物を白生地に織った後から染め上げたり、絵付けをしたりしたものをいいます。このことから、染めの後染めに対して、織りは先染めともいわれています。織りの種類としては紬や絣があり、染めの種類としては友禅小紋、江戸小紋が有名です。織りの着物は丈夫さとシャッキとしたハリのある風合いが特徴で、気軽な街着やおしゃれ着として人気があります。織りは表の裏の生地が同じなので表がかすれたりして色が薄れても裏返して着ることができます。染めの着物は振袖など第一礼装や訪問着として用いられるもので、絹糸を多く素材に使いしっとり柔らかな肌触りが特徴で、着古してきたら色を染め直すことも可能です。着物のルールでは織りの着物よりは格が高いとされています。織りの着物の格が低いといっても、値段も安いということではなくて結城紬や大島紬などのように大変高価なものも多くあります。