もんぺ風仕事袴の型紙

着物は動きづらく、日々の生活には合わないと思いがちですが、着物の上からはける仕事袴があれば、座ったり立ったりが自在で、お茶人の水屋袴としても人気です。 もんぺのように裾をたくし上げる必要のない仕事袴の型紙は、和裁士が考案したものですが、ミシンでも縫えるため、和裁の経験のない人でも簡単に挑戦できます。 型紙から仕立てる生地は硬い素材や薄手のものは避け、はいたときのドレープ感をイメージして、テンセル生地など、ほどほどに張りのある柔らかな素材を選びます。型紙のサイズは、でき上がりが100センチ丈で、身長165センチ、ウエスト58センチから90センチくらいまでなら対応できます。生地は110センチ幅で210センチ必要で、細めにしたい人は、身頃の幅を87センチより少し狭くするとよいでしょう。 もんぺ風仕事袴は、はき方も簡単で、最初に片足ずつ入れ、紐を後ろに回してから前で結びます。きつく締めると着物のお太鼓にシワが寄るので注意します。