知っておきたい帯の仕立て

着物と同じように帯にも反物があり、通常、芯を入れて仕立てます。 帯芯には帯の風合いを良くし、適度な厚みと硬さを与え、着物への締め心地を良くする役割があります。仕立てる際に帯芯の見本帳から選ぶことができますが、一般的に織り帯には薄くて適度な張りのあるものを、染めのものには厚地でしっかりしたものを用いるようにします。素材は、三河木綿などの良く起毛して、なじむ天然繊維のものがおススメです。仕立て上がったものは、最初は硬くて締めにくいものですが、3回ほど着物に締めればなじむようになります。 名古屋仕立てとは、胴の部分をすべて半分(約4寸幅)に折って仕立てた、一般的な名古屋帯の仕立て方です。前の幅が固定されていますので、扱いやすいのが特徴で、長身の人や、ふくよかな人なら、あらかじめ前を広めに仕立てても良いでしょう。反物は、幅9寸(約34センチ)、長さ1丈2尺5寸(約4メートル73センチ)前後で店頭に並びます。