前へ
次へ

秋のくすみには保湿と美白美容液とUV対策を

容赦のない日差しと強い紫外線で肌が黒く焼けるのは真夏ですが、意外と盲点になるのは実は9月から11月です。
本格的な真夏の暑さも強力な日差しも落ちくので、徹底して夏に行っていた日焼け対策にもゆるみが生じます。
ところが過ごしやすくなるはずのこの時期に、日差しも穏やかなはずなのに肌が黒くなることがありますが、真夏の肌よりも色が黒くなるほどです。
秋に移行をすると確かに紫外線量は減りますが、肌が黒くなりがちなのは、夏の間に受けた紫外線の影響が関わっています。
夏は紫外線が強くなるので、対抗をして皮膚内部にはそれだけメラニンが増加しますが、秋に入ってすぐに皮膚代謝が切り替わるわけではありません。
疲れ切った夏の肌から冬の白い肌に切り替わるまで、時間が必要であり皮膚のターンオーバーを順調にさせることが必須です。
保湿重視の美容ケアを行いながら、秋になってもUV対策は怠らないようにします。
くすみ肌を秋にも気にするなら、美白成分配合美容液を使うのも手です。

Page Top